老兵 — 大竹しのぶ

戦友たちよ聞こえるだろう とどろく進軍の足音が
あれは吾等老兵たちがまだ生きてた頃の
ほこらしいクツ音だ
今 俺たちが住んでいるこの国は
あのおそろしい夜もなければ戦いもない
だが もうここには愛する妻も
小さな口づけをしてくれる
可愛い我が子もいない
吾等老兵たちは話しあった
そうだ今夜あのなつかしいパリへ行こう
遠い昔、祖国をたった日のように
クツ音をひびかせながらシャンゼリゼへ
姿なき整列をしよう

我等は老兵 重いクツもはかず
あの世でさびしく 暇な時をすごす
我等は老兵 タイコたたきながら
こよいは行こう あのシャンゼリゼをめざし
あまたの戦さの庭の いさましい戦いは
そうだよ むだじゃない
ごらんよあの街の名を
そこにはいさましい俺達の名が残る

我等は老兵 重いクツもはかず
あの世でさびしく 暇な時をすごす
我等は老兵 遠い国のはてに
出かけてそのまま誰も帰らぬパリ

俺達の哀れな愛もやがてはうすれゆく
さよなら ありがとう
さあ夜明けのこぬうちに
ドラムをひびかせて
広場へ出かけよう

我等は老兵 戦さの時がすぎて
今では人から みんな忘れられた
けれどもこよいは みんなで俺達ごらん
鉄砲も持たずに
我等はゆくシャンゼリゼ
足なみそろえ ア・パリ・ア・パリ