悲しい女になりきって – 大石まどか

やさしい言葉の 慰めよりも
酔いを誘(いざな)う 酒がいい
濡れたこころを 震わせて
悲しい女に なりきって……
あなたが嘘を 飾った部屋に
灯す明かりは 仄(ほの)かでも
恋を忘れに 帰ります

背中に残した 情けの深さ
爪の傷あと 沁みますか
倖せ夢見た 名残りです
悲しい女に なりきって……
約束なしの 指環を棄てた
痛み分けです 薬指
白く残って 疼きます

男と女の 絆の糸は
一度切れたら 結べない
今さら気付いて 何になる
悲しい女に なりきって……
重荷になった 無い物ねだり
指で構(かま)えた ピストルを
夜に向かって 撃つばかり