Maiden Innocence – 大橋彩香

願いの花を抱き
蒼空(そうくう)を見上げていた
まだ青い果実を啄んで
ただ刻(とき)を待つように

胸の鳥カゴの中
もてあましていた情熱(おもい)
何故?何故?こんなに求めてる
私を呼ぶのは誰なの――

無垢な羽を広げて So Just Far Away
穢れなき憧憬が広がる世界へ
きっと行ける そう信じて 今
飛び立つ Maiden Innocence

現実と幻想の
ハザマにある感情に
触れてしまうことを恐れてた
幼さを脱ぎ捨てて

錆びた扉の鍵は
とうに開かれていたの
イノチが朽ちてしまう前に
眩しい梢を突き抜け――

夢見ていた「いつか」が今ならば
傷つく覚悟まとい まだ見ぬ未来へ
強い風 あおられてなお
飛ぶんだ Like a Little Bird

零れて落ちた滴
明日(あす)を育てる糧になる
花はやがて大地に咲き誇る

無垢な羽を広げて So Just Far Away
穢れなき憧憬が広がる世界を
高らかに 鮮やかに 今
羽ばたく Maiden Innocence
蒼穹(そら)の彼方へ