新潟みれん — 大倉修吾

うしろ姿で泣いていた
肩の細さよ うなじの白さ
夜の新潟 路地裏づたい
人の妻だよ妻だよと
飲めばせつない ああ 面影よ

酔えばかなしく また浮かぶ
花の笑顔よ やさしい瞳
夜の新潟 路地裏づたい
想いこがれてただひとり
街のネオンに ああ むせび泣く

惚れているのにあの女を
抱けぬつらさよ 胸の火ひとつ
夜の新潟 路地裏づたい
酒をもとめて今日もまた
ゆけば背中に ああ 雪が降る