かなた – 堀ケイ

曇り空に俯いて白けてるなら
追い越せそうにもない風の流れ
帰り道たどる静寂な時間も
行き先に焦る、全ては連なる
その手に握った小さな羽根
微力な助走で世の断りを
それでも行こっか
cross over
大粒の通り雨に降られても
ずぶぬれになった今、笑い飛ばせ
示してくれた世界を向いて
進んでこう信じてるんだ
まだ出会っていない
どこかにある虹

雨上がり水溜まりぬかるんだ道
泥が跳ねるたび、もやもやしてる
汚さずになんて事などはきっと
神様じゃなくちゃ起こせはしないだろ
その手に在るものは己が意味を
探るように変化を繰り返し
逆に行こっか
dive into
両足で踏み込み水を跳ね上げて
汚さずになんて事などはきっと
神様じゃなくちゃ起こせはしないだろ
その手に在るものは己が意味を
探るように変化を繰り返し
逆に行こっか
dive into
両足で踏み込み水を跳ね上げて
今だからむしろ遠く蹴り上げて
差し出された手見落とさない
始めてこう信じてるんだ
まだ出会っていない
気配を感じる心に

続いてくいく泥だらけの足跡
曇り空に口ずさんでくメロディー
まだ愚図っている涙空の彼方に
雲間から差し込む天使の梯子
明日は晴れるそんな気がする
輝きを信じてるんだ
まだ出会っていない
気配を感じる
いつか出会うだろう
どこかにある虹。