タピオカ – 城南海

黒い 黒い 星は
タネも仕掛けもない
踊る 踊る 踊る ストローの中

髪をなでるように
ココロ守るように
そんな優しいあなた 初めて見たわ

強い風のあとの
折れた傘みたいに
私なんか忘れてたくせに

涙ひとつぶ ふたつ
喉元過ぎたなら 新しい
愛がひとつぶ ふたつ
壊れて生まれてく theory(セオリー)

群れなしてキスして
恋するタピオカみたいに
甘えたり 逃げたり
難しい話は churururu…

苦い 苦い 日々に
蜜をかけてみるの
思うよりも今日は 悪くないと

あの日待てず消した
せっかちな私の
刺のなかに眠る 柔らかなもの

少し頬が染まる
少し肩をおとす
幸せってこんな感じかな

涙ひとつぶ ふたつ
喉越しなめらかで クセになる
愛がひとつぶ ふたつ
つかもうとして消えたmirage(ミラージュ)

弾けあって 絡まって
恋するタピオカみたいに
水玉 むさぼって
居場所などないの churururu…

群れなしてキスして
恋するタピオカみたいに
甘えたり 逃げたり
難しい話は chururu rururu…

弾けあって…
chururu rururu…