青春 – 坂口有望

あの場所でうたった唄 君は覚えているかな
不安だった どうなるか分からない僕らの未来

君が被ってたマスク 笑顔という名のマスク
僕は外す事ができたのかな 君は笑えているかな

なんでもかんでも失ってから分かるの
いつしか思い出が遠くなっても
僕は忘れないから だからさ 君も忘れないでね

一つ光が照らしたんだ
それは君が行く道
さよなら さよなら さよなら
でもさ いつかまた笑いあおうね

この場所で愚痴ばっかり 聞いてもらってごめんね
今ではそんな言葉もちっぽけに思えてくる

なんでもかんでも過ぎ去ってから分かるの
いつしか君の影が遠くなっても
ぜったいぜったい忘れないから だからさ 僕を置いていかないで

一等星がこう言ったんだ
これは君の行く道
さよなら さよなら さよなら
でもさ いつかまた巡り会えるね

僕らその道を照らすから
グッバイ グッバイ グッバイ
青く染まった春の日

一つ光が照らしたんだ
それは君が行く道
さよなら さよなら さよなら
いつかまた巡り会えるね
いつかまた笑いあおうね