明日の在処 – 土岐隼一

彷徨う 時の涯(は)てで
「これまで」と「これから」想う
幾つの わすれものたち
見上げれば 夜空の一片(ひとひら)

「わるくないなぁ」遠く囁く
道は絶えず 続いてゆく

ぼくらは 時 紡ぎ合いながら
迷い 灯し 明日探すChildren
ちいさな望遠鏡の六等星
ひとつ ひかる

止め処(ど)ない 時代の波
横たわる あの砂時計
掬(すく)った 指先にほら
君の名が さらり流れだす

「わがままかい」もっと居たいよ
でも旅は 続いてゆく

振り返っても 後悔ないのは
きっと君の笑顔 忘れ去るような日が
来はしないから

ぼくらは 時 紡ぎ合いながら
迷い 灯し 明日探すChildren
ちいさな望遠鏡の六等星
ひとつ だきしめ

さあ 新たな旅へでよう
互い 願い 夢探すChildren
築いた 想い出たちがどんな暗澹(やみ)も
照らしだすだろう