ポートマン – 向井太一

帰りの準備をしている あなたの後ろ姿
気付かれないように僕は
見つめて すべてを染み込ませたい

確かめ合うように 抱きしめあうたび
僕の視界は滲むばかり
あなた以外はもう まるで夢のよう
僕だけのもの わかってるけど
不安も寄り添うから
もう一度だけ強く抱き寄せて

そばにいたなら 不安もないけど
ひとりでいる夜は とても寒くて
波に揺れたら 思い出すから
触れる体温 甘い言葉 すべてで
I believe in you

あなたの感触がすべて
消えていってしまったなら I miss you
あなたは子どもな僕を叱って わからせてくれるから

温め合うように 寄り添うふたり
甘い時間はすぐに過ぎる
揺れる心も 穏やかにしよう
あなたの匂いと 僕の匂いが
混じり合うその時
それを幸せときっと呼ぶのだろう

そばにいたなら 包んでくれる
その時だけ僕は 僕でいられるから
あなたが最後は 帰る場所でいたい
あなたが船 僕は港 いつでも
I believe in you

海の向こうにふたりだけの
輝く未来が見える気がした
この想いは Deep and more
いつまでも待とう
未来が僕らを照らした

そばにいたなら 不安もないけど
ひとりでいる夜は とても寒くて
波に揺れたら 思い出すから
触れる体温 甘い言葉 すべてで
I believe in you

そばにいたなら 包んでくれる
その時だけ僕は 僕でいられるから
あなたが最後は 帰る場所でいたい
あなたが船 僕は港 いつでも
I believe in you