南部俵積み唄 — 吉田菜央美

ハァー 春の始めに この家旦那様サ
七福神のお供してコラ 俵積みに参りた

ハァー この家旦那様は 俵積みが大好きで
お国はどこかとお聞きあるコラ
私の国はナコラ 出雲の国の大福神
日本中の渡り者コラ 俵積みの先生だ

ハアー この家旦那様の お屋敷をば見てやれば
倉の数は四十八コラ いろは倉とはこのことか
一の倉は銭倉コラ 次のお倉は金倉
次のお倉は宝倉コラ 次の倉から俵倉
俵倉には米を積みコラ
七万五千の御俵をば七十五人の人足で
大黒柱を取りまいてコラ
背戸から千石 馬道から万石
ヤッコラサの掛け声でコラ
棟木までもと積み上げた
さても見事に積み上げたコラ
おほめ下んせ旦那様コラ お祝い下んせかぁか様
ハァー めでたいなめでたいな
この家旦那様は億万長者と申される