うたの木 – 吉田省念

誰もいない静かな森で ひっそりと旅人を待ってる
色とりどりの実をつけて 風の合図で唄うメロディの木

国境線のない空を飛ぶ この世界はどこまで続くの
こぼれた涙に映る 幼い日の君の笑顔

海を見下ろし 雲の上までひとっ飛び
はぐれた群れが 早く早くみんな集まってる
うたの木を目指して

幾つも街を越えて 飛んで来た一羽の鳥が
疲れて眠る大丈夫 ここでおやすみ

コメントを残す