ひとりで空を見ていたらやさしい風につつまれた春の野原の菜の花をあなたにつんであげたいの 雨だれの音きいてたらなぜか楽しくなってくる雨のしずくに青空がうつって雲が揺れている 明るい朝の光よりゆうやけ雲の色がすき空ゆく鳥に身をかえてゆうやけおっていきたいの 誰かがならす 草笛が春風にのり 吹きわたるどこかで泣いて いる人の心にきっととどくよう