なつかしい人や 町をたずねて汽車を降りてみても目に写るものは 時の流れだけ心がくだけて行く帰ってゆく場所もないのなら行きずりのふれあいでなぐさめ合うのもいいさシンシア そんな時 シンシア 君の声が戻っておいでよと唄ってる君の部屋のカーテンやカーペットは色あせてはいないかい 人ごみにかくれて 肩をすぼめて自分を見つめた時過ぎ去った夢が くずれ落ちる長い夜が終わる夜空は町に落ち 人々が笑いながら通りすぎ