ひそやかにキララ 光っているはずかしくて だけど 確かなもの戸惑っても つまづいてもあなたの胸に 届けに行くよ本気のキララ あなたの笑顔 いつからか たからもの知らないうちに 季節は 恋になった聞きたいのに 聞けなくて 毎日過ぎた彼女のこと 気になるのにひそやかにキララ あふれている片思いが ずっと 止まらなくて理由もなく 不安になるあなたを想い 眠れない夜涙がキララ かなしいことが そこにある だか
夜空見上げ 小さな星に願うだけの 自分にサヨナラ 戸惑いとか 友情だとか恋のチカラ すべてを変える微笑みあえる 覚悟ふたり 決めたのあなたのもとへ 流れ星 けがれのない速さで 今軌跡を描いて見知らぬ空 かけてゆくエトランゼ息切らしたココロに 生まれたてのメロディ気持ちにほら ふれてみて一番大切なもの みんなで見た 大きな夕陽未来の方へ 進んで行くよ眼差しの先 輝くのは 誰でも後悔しない 流れ星 待ち合わせ