TSUGARU – 吉幾三

おめだの爺(じ)コ婆々(ばば) どしてらば?
俺(おら)えの爺(じ)コ婆々(ばば) 去年死んだネ
おめだの兄(あに)さま どしてらば?
俺(おら)えの兄(あに)さま 知らねじゃ私(わ)!
東京(かみ)さ行ったって 聞いたばって
東京(かみ)のどのどさ 行ったがや?
さっぱど分(わ)がねじゃ! 俺(おい)の兄!
バカコでバカコで しかたねね!
おめだの姉(あね)さま どしてらば?
俺(おら)えの姉(あね)さま アメリカさ!
嫁コさなったって 何年たてば?
戻ってこねねろ バカコだね
わらしコ出来だって 聞いだばて
男(おどこ)わらしな! 女子(おなご)だな!
祝いの 銭(じぇん)コも 包まねで
ホントに迷惑(めわぐ)ば かけでらじゃー

喋れば 喋たって 喋られる
喋ねば 喋ねって 喋られる
喋れば いいのが 悪いのか
喋ねば いいのが 悪いのか
春夏秋冬 知ってっか!
花咲き 佞武多に 紅葉と
雪降る 厳しい 四季感じ
生きてる事を 知ってっか?
Hey Hey Hey…
津軽の言葉を なめんじゃねェ!!

なんぼでも降るだね 夕(ゆ)べながら
どこさも行けねじゃ こいだばや
スベっておけたネ あの橋で
おどげ欄干 ぶつけたネ
なじきどどんじさ イボ出来て
今から行ぐだネ 医者コサな
何だか知らねじゃ 夕(ゆ)べながら
痛(いだ)くてまねはで 行て来るじゃ
よろたとひじゃかぶ おたてまて
そごらも医者コさ 診(み)でもらて
湯コさも入って来るだネ 今日
晩(ばん)げには戻るネ 家(え)さ来(こ)なさ
もやしとネギへだ モツ喰(く)べし
一杯(いっぺぃ)やるべし 今夜(こんにゃ) 今夜(こんにゃ)!
あぱだきゃ居ねね 誰(だ)も居ねね
電話コかげるネ 戻ればなー

喋れば 喋たって 喋られる
喋ねば 喋ねって 喋られる
喋れば いいのが 悪いのか
喋ねば いいのが 悪いのか
今なら会えるし 帰んなヨ
季節は自然に 待っている
何年 ふるさと 背を向ける
そのうち絶対 バチあたる
Hey Hey Hey…
生まれた津軽を なめんじゃねェ!!

青森 弘前 五所川原
八戸 むつに 鰺ヶ沢
喰うもの美味(めべ)し 酒コまだ
三方海コさ 囲(かご)まれて
そいでも出でゆぐ 馬鹿コ居る
戻って来ねねろ わらはんど
帰ればお土産 もだへでや
来る時毎日 喰った事ねェ
菓子だきゃ要らねじゃ 銭(じぇん)コけれじゃ
田畑 山林 どしたばや
死んだら売るだべ 何(な)もやねじゃ
100まで生きるだ! 何(な)もやねじゃ
化げて出てやる 死んでから
枕元(まくらもど)さ 立ってやる
覚えておがなが このわらし
お前(め)だち年とりゃ 同じだネー

喋れば 喋たって 喋られる
喋ねば 喋ねって 喋られる
喋れば いいのが 悪いのか
喋ねば いいのが 悪いのか
幸せなんだと 思うなら
産んだ両親 会いに来な
何回 あんたも 顔見れる
19や20才(はたち)の ガキじゃねェ
Hey Hey Hey…
青森全部を なめんじゃねェ!!