想い出の渚 – 吉幾三

君を見つけた この渚に
ひとりたたずみ 想い出す
小麦色した 可愛いほほ
忘れはしない いつまでも
水面(みなも)走る 白い船
長い黒髪 風になびかせ
波に向かって 叫んで見ても
もう帰らない あの夏の日

長いまつげの 大きな瞳が
僕を見つめて うるんでた
このまま二人で 空の果てまで
飛んで行きたい 夜だった
波に向かって 叫んでみても
もう帰らない あの夏の日
あの夏の日
あの夏の日

コメントを残す