と・も・子… ≪1985年ライブ音源≫ – 吉幾三

とも子と二人で暮らしてた頃、ハッピーでナウな日々だった。
「買物に行って来まーす」ってとも子。
「あぁいってらっしゃい、気ィつけてね」って私。
それっきり!かれこれ一年にもなるべか?
買物に行ったきり、一年も帰って来ない女(おな)ゴって、
どこにいるもンダベガ…
淋しくて恋しくて、とも子のはいてたパンティー、
いっつも頬ずりしてるの。ときたま被って歩いたりしてるの。
「とも子、歯の綺麗な人嫌い、髪の毛キチンと分けてる人も嫌い、
男のくせにオーデコロンつけてる人、
大嫌い!とも子、どんな汚い恰好でもいいの、心の綺麗な人なら」
って言うから、私、一年位だべが?
歯も磨かないで頭の毛ボサボサで、風呂なんか入ったこともねぇ!
したら、とも子「汚な過ぎる」って。
とも子探して旅に出た。盛岡、仙台、福島、山形、グルっと回った。
秋の函館、とも子の居る所分かった。
アパート下から「とも子、俺だよー」っつったら、とも子、
窓から顔ベローっと出して、いきなりワーって泣いで。
「どうしたの?とも子。大きなお腹して、食べ過ぎたの?」っつったら、
「子供できたの」って…。
「誰の子供なの?」って聞いたら、とも子「知らない」って。
涙コひとつポローと流して…。かわいそうな、とも子。
あれから三回目の秋だ。とも子が死んでから…三回目の秋だ…。

この歌をあなたに 聞かせたかった
この歌をあなたに 聞いてほしかった
この海の向こうに 旅に出た君に
間に合わなかった 花束のかわりに
あなたのために 作ったこの歌 二人の愛の歌
この花をあなたに 渡したかった
でも今はいないあなたに 遅かったラブソング

この愛をあなたと 育てたかった
この胸をあなたに うちあけたかった
あの星の向こうに 旅に出た君に
渡せなかった 指輪のかわりに
あなたのために 作ったこの歌 二人の愛の歌
この愛をあなたと 育てたかった
でも今はいないあなたに 遅かったラブ・ソング

ラララララララ ラララララララ…
ラララララララ ラララララララ…
とも子 とも子 遅かったラブ・ソング

コメントを残す