おどま かんじん かんじんあん人達ゃ よか衆よかしゃ よか帯 よか着物 呑んで 後生楽酔うたが 無理か酒はよか酒 よかおなご 川辺 川上おどんが嫁は五ツ木越えして 丘の荘 向い小山から出る 月影にまめな この顔 うつしたや 嫁が 来るのならだんないけれどもしや追っ手の たいまつか