僕が守る – 合唱

いつか君が僕を守ってくれたこと
僕はずっと ずっと忘れないよ

心細くて伸ばした手がどこにも触れない時
世界はとても怖いものだと思う
でもどこかに触れた時は ほっとする
そのだれかが触れるものに 僕がなれたらいいな

地球の上に 宇宙の中に
生きているもの ただあるもの
そのすべてがなくてはならないもの
どんなにささやかでも
なくてはならないもの

生きる理由がわからないというなら
その理由を僕があげよう
君がいなくなると僕は困る
だからそこにいてほしい

空も星も花も吹きぬける夜風も
みんな同じ生きる仲間だから
どんな時も決してひとりじゃないんだよ
君がつらい時は僕が助けてあげる

いつか君が僕を守ってくれたから
次は僕が 誰かを守りたい

コメントを残す