新しい風が吹いて笑ったり、泣いたり、歌ってみたり閉じていた心を開いて潮風のハーモニー 口ずさむ 晴れた日 雨の日でも みんながいれば いつも笑顔になれた記憶の彼方まで 思い出したり たゆたう声耳すまそう さぁ、手を差し伸べられて 輪の中へ一人じゃない空間で 夢中になってる時間 心地好い風が吹いて笑ったり、泣いたり、歌ってみたり閉じていた心を開いて思い出のフレーズ 口ずさむ 映らない未来の日は 自由な彩りを
胸の奥が高鳴る 熱い声に気付いたらスタートラインは君の目の前にあるまだ見えない道でも走り始めればいいさあきらめるよりも素敵だと思わない? いつも不安はすぐそばで駆け出す想いを締め付けるけれど今を越えて歩き出す 未知なる未来(みち)に光を初めてを繰り返し 掴み取れ明日を そうさ僕達は無限の夢抱きしめ進むのさ輝いてる 自分を信じたい立ち上がる力に最大の愛をこめて思うまま旅立とう 新しい世界の中へ 自分の不甲