緑の大地を 踏みしめて空を見よう 見上げよう夢が 希望が立ち雲のように湧いてきて大空を 駆けるよ 連なる 山脈の頂きの(頂きの)雪をみよう(みよう) 見上げよう夢が 希望が 虹の輪のように(虹の輪のように)きらめいて 大空に 拡がるよ 緑の大地を 踏みしめて空を見よう 見上げよう夢が 希望が大鷲のように羽ばたいて大空を 駆けるよ(駆けるよ)駆けるよ 駆けるよ
ほほえみ交わして 語りあい落葉を踏んで 歩いたね並木のいちょうを 鮮やかにいつかも夕日が うつしだしたね さあ 出かけよう思い出のあふれる 道を駆け抜けさあ 語りあおうすばらしいぼくらの 夢の世界を 小鳥のさえずり 聞きながらはるかな夕日を ながめたね小川の流れも 澄みわたりいつかもぼくらを うつしだしたね さあ 出かけよう思い出のあふれる 道を駆け抜けさあ 語りあおうすばらしいぼくらの 夢の世界を
未知という名の船に乗り希望という名の地図を見て夢という名のコンパスで未来を訪ねる冒険者 心に鍵はかからないいつでもいっぱい開いておけばはるか銀河の彼方から未知という名の船が着くちょっと不思議も ちょっと疑問もちょっと悩みも 訪れる 未知という名の船に乗り勇気という名の帆をはって愛という名の舵をとりぼくらはこぎ出す冒険者 心はいつもパノラマだ楽しい世界を描いていればどんな小さい窓辺にも未知という名の船が着
歌え! 青い空に歌え! 高い雲に空は広く 限りなく 僕等の夢なんだ蝶は舞って 雲も流れ鳥は楽しく 駆け巡るああ 広い大空 自由に はばたけるなら僕も 飛んで行きたい どこまでも 仰げ! 青い空を仰げ! 高い雲を空は光 満ちあふれ 僕等を照らしてる迷いながら 明日をめざし進む僕等の 行く手にはああ 広い大空 すんで きらめいている僕を 呼んでいるよな 白い雲 つかめ! 青い空をつかめ! 高い雲を空の広さ
ときにはなぜか 大空に旅してみたく なるものさ気球にのって どこまでいこう風にのって 野原をこえて雲をとびこえ どこまでもいこうそこに なにかが まっているから ときにはなぜか 大空に旅してみたく なるものさ気球にのって どこまでいこう星をこえて 宇宙をはるか星座(せいざ)の世界へ どこまでもいこうそこに かがやく夢(ゆめ)があるから
空を見あげて みてごらんきっと 飛びたくなるだろういまこそみんな 出発だはばたけ鳥よ 空高く 空をのぞいて みてごらんきっと不思議な 国だろう七色の虹 わたの雲はばたけ鳥よ 夢のせて 雲にさわって みてごらんきっとすてきな 宇宙船未来をめざし どこまでもはばたけ鳥よ 果てしなくはばたけ鳥よ 果てしなく
みんなで歌おう 心を一つにして悲しい時も つらい時もみんなで歌おう 大きな声を出してはずかしがらず 歌おうよ 心燃える歌が 歌が きっと君のもとへきらめけ世界中に 僕の歌をのせてきらめけ世界中に 届け愛のメッセージ みんなで語ろう 心をなごませて楽しい時も うれしい時もみんなで語ろう 素直に心を開いてどんな小さな 悩みごとも心痛む思い たとえ君を苦しめても仲間がここにいるよ いつも君を見てるぼくらは助け
すばらしいときは やがて去り行き今は別れを 惜しみながらともに歌った 喜びをいつまでも いつまでも 忘れずに 楽しいときは やがて去り行き今は名残を 惜しみながらともに過ごした 喜びをいつまでも いつまでも 忘れずに 心の中に 夢を抱いて明日の光を 願いながら今日の思い出 忘れずにいつかまた いつかまた あえる日まで
ともしび手に 高くかかげてみんなで 歩いて行こうよそこにはいる 心かよう友だちこの道は世界の 遠い国から つづいてる空へ灯をかかげて私たちはここだよと 叫ぼうともしびが 消えた人にはみんなで 愛の明りを あげようよララ ランラン友だちは 何よりいいものだ友だちがないてたら そばにいようララ ランラン友だちは 誰よりいいものだしあわせが来たときは 見せに行こう ともしび手に 高くかかげて夜道を 明るく照
君の中で眠(ねむ)ってる僕(ぼく)僕の中でふりかえった君大きく伸(の)びをしてほら、太陽が笑ったさあ、いまだよ、いま 僕が走ると風が流れた風の向こうで君が歌った ほんとうの僕らはもっと強いもっと怒(おこ)る もっと泣くもしかして、もっと不まじめもっと弱い もっと笑うもっと もっと どんな僕でもいいと 君が教えてくれただって僕も どんな君でも好きだから 君の中で笑ってる僕僕の中のただひとりの君 君が歌って僕も