緑の大地を 踏みしめて空を見よう 見上げよう夢が 希望が立ち雲のように湧いてきて大空を 駆けるよ 連なる 山脈の頂きの(頂きの)雪をみよう(みよう) 見上げよう夢が 希望が 虹の輪のように(虹の輪のように)きらめいて 大空に 拡がるよ 緑の大地を 踏みしめて空を見よう 見上げよう夢が 希望が大鷲のように羽ばたいて大空を 駆けるよ(駆けるよ)駆けるよ 駆けるよ
ほほえみ交わして 語りあい落葉を踏んで 歩いたね並木のいちょうを 鮮やかにいつかも夕日が うつしだしたね さあ 出かけよう思い出のあふれる 道を駆け抜けさあ 語りあおうすばらしいぼくらの 夢の世界を 小鳥のさえずり 聞きながらはるかな夕日を ながめたね小川の流れも 澄みわたりいつかもぼくらを うつしだしたね さあ 出かけよう思い出のあふれる 道を駆け抜けさあ 語りあおうすばらしいぼくらの 夢の世界を
未知という名の船に乗り希望という名の地図を見て夢という名のコンパスで未来を訪ねる冒険者 心に鍵はかからないいつでもいっぱい開いておけばはるか銀河の彼方から未知という名の船が着くちょっと不思議も ちょっと疑問もちょっと悩みも 訪れる 未知という名の船に乗り勇気という名の帆をはって愛という名の舵をとりぼくらはこぎ出す冒険者 心はいつもパノラマだ楽しい世界を描いていればどんな小さい窓辺にも未知という名の船が着
歌え! 青い空に歌え! 高い雲に空は広く 限りなく 僕等の夢なんだ蝶は舞って 雲も流れ鳥は楽しく 駆け巡るああ 広い大空 自由に はばたけるなら僕も 飛んで行きたい どこまでも 仰げ! 青い空を仰げ! 高い雲を空は光 満ちあふれ 僕等を照らしてる迷いながら 明日をめざし進む僕等の 行く手にはああ 広い大空 すんで きらめいている僕を 呼んでいるよな 白い雲 つかめ! 青い空をつかめ! 高い雲を空の広さ
ときにはなぜか 大空に旅してみたく なるものさ気球にのって どこまでいこう風にのって 野原をこえて雲をとびこえ どこまでもいこうそこに なにかが まっているから ときにはなぜか 大空に旅してみたく なるものさ気球にのって どこまでいこう星をこえて 宇宙をはるか星座(せいざ)の世界へ どこまでもいこうそこに かがやく夢(ゆめ)があるから
空を見あげて みてごらんきっと 飛びたくなるだろういまこそみんな 出発だはばたけ鳥よ 空高く 空をのぞいて みてごらんきっと不思議な 国だろう七色の虹 わたの雲はばたけ鳥よ 夢のせて 雲にさわって みてごらんきっとすてきな 宇宙船未来をめざし どこまでもはばたけ鳥よ 果てしなくはばたけ鳥よ 果てしなく
みんなで歌おう 心を一つにして悲しい時も つらい時もみんなで歌おう 大きな声を出してはずかしがらず 歌おうよ 心燃える歌が 歌が きっと君のもとへきらめけ世界中に 僕の歌をのせてきらめけ世界中に 届け愛のメッセージ みんなで語ろう 心をなごませて楽しい時も うれしい時もみんなで語ろう 素直に心を開いてどんな小さな 悩みごとも心痛む思い たとえ君を苦しめても仲間がここにいるよ いつも君を見てるぼくらは助け
すばらしいときは やがて去り行き今は別れを 惜しみながらともに歌った 喜びをいつまでも いつまでも 忘れずに 楽しいときは やがて去り行き今は名残を 惜しみながらともに過ごした 喜びをいつまでも いつまでも 忘れずに 心の中に 夢を抱いて明日の光を 願いながら今日の思い出 忘れずにいつかまた いつかまた あえる日まで
ともしび手に 高くかかげてみんなで 歩いて行こうよそこにはいる 心かよう友だちこの道は世界の 遠い国から つづいてる空へ灯をかかげて私たちはここだよと 叫ぼうともしびが 消えた人にはみんなで 愛の明りを あげようよララ ランラン友だちは 何よりいいものだ友だちがないてたら そばにいようララ ランラン友だちは 誰よりいいものだしあわせが来たときは 見せに行こう ともしび手に 高くかかげて夜道を 明るく照
君の中で眠(ねむ)ってる僕(ぼく)僕の中でふりかえった君大きく伸(の)びをしてほら、太陽が笑ったさあ、いまだよ、いま 僕が走ると風が流れた風の向こうで君が歌った ほんとうの僕らはもっと強いもっと怒(おこ)る もっと泣くもしかして、もっと不まじめもっと弱い もっと笑うもっと もっと どんな僕でもいいと 君が教えてくれただって僕も どんな君でも好きだから 君の中で笑ってる僕僕の中のただひとりの君 君が歌って僕も
もしも 魔法が使えて夢がひとつ叶(かな)うならばきっと 世界の誰もがしあわせになる 涙 (ひと粒も) なんか (そうきっと)流す者はいない (希望)悲しみの (悲しみの) 種はすべて (すべて) 消えるだろう 願いごとの持ち腐(ぐさ)れ一度きりの魔法なんてあれもこれも欲が出て今すぐに決められないよ迷ってるうちに黄昏(たそがれ) ある日 些細(ささい)なことから争ってる二人がいた僕は思わず願った仲良くしてと… 僕に (探
君は 傷ついてないかい?誰かを 傷つけてないかい?正しいことにひねくれてわからなくなる時があるから 君は 夢見ているかい?誰かの 夢を笑ってないかい?周りが敵に見えてたりうらやましいと思ったりして 雲はちぎれて また かたまって線を描(えが)いて 消えてゆくけど 今 君の未来が小さく暗く見えていたとしてもその 想像通りにはならないから心配しないでほしいこれは いつかの君が君に歌う歌 足元に舞う 桜の花びら
大きな花をさかせよう今はまだ小さなつぼみでもすこしずつひらいて そして花がさくよ このゆめのように 空が広く青いほど 伝えてくれるふるさとのあたたかさをどうか おぼえていてね 一人じゃないことを大切な仲間たちは あなたを待っているよ さぁ 旅にでよう おそれずに小さな一歩だとしても出会うはずの場所が 出会うはずの人たちがあなたを待っている
さぁ 翔け出そうよ 今すぐに未来が今は遠くてもひとりぼっちのままで 泣く夜が続いても 本当のわたしへ 風が強く冷たいほど教えてくれる出会うべき人のことをどうか 希望の地図を そっと開いてみてねあたたかい未来たちが 僕らを待っているよ 大きな花をさかせよう今はまだ小さなつぼみでもすこしずつひらいて そして花がさくよ このゆめのように 空が広く青いほど 伝えてくれるふるさとのあたたかさをどうか おぼえていて
さあ駆け出そうよ、今すぐに未来が今は遠くてもひとりぼっちのままで泣く夜が続いても本当のわたしへ 風が強く冷たいほど教えてくれる出会うべき人のことをどうか希望の地図をそっと開いてみてねあたたかい未来たちが僕らを待っているよ さあ旅に出よう、おそれずに小さな一歩だとしても出会うはずの場所が出会うはずの人たちがあなたを待っている
「どんな声も音も歌も どこまでも昇って宇宙を漂う」先生、本当なの? このハーモニーもコンクールが終わっても 消えないの? 顔を上げて みんなで探した空はいつもの夕暮れつないでいた手だけが とてもあたたかかった 卒業しても 会えなくなってもどこかで旅つづける メロディー 笑いながら 歌いながらつないだ手を忘れないように響け 届け 未来のあなたへ 私へ 笑うたびに 歌うたびに思い出すよ夕陽色の顔響け 届け 未
ぼくらのまえには ドアがあるいろんなドアが いつもあるドアを 大きく あけはなそうひろい世界へ 出ていこう ドアのむこうの 輝きをじぶんのものに するためにドアのむこうの 輝きをみんなのものに するために ぼくら 青い実ぼくら 赤い火雨に打たれ風に吹かれ 手と手をつなぎ心をつなぎ歌を 歌を うたいながら― ぼくらのまえには ドアがあるいろんなドアが いつもあるドアを 大きく あけはなそうひろい世界へ 出て
風に乗り高く 舞い上がる鳥が飛び去ってゆく 光の中へ見上げたあの空に 希望をたくして自由につかもうと 必死に走った おさなかった僕も大人になる本当の優しさを知ったから 未来の僕達へ 願う想いは同じ光る夢と明日へ歩いてく どこまでも 涙色の空 春の雪が降るさくらの花びらに くり返す季節幾度巡りくる 出会いと別れが素直な気持ちを教えてくれた 気づかないほどいつもそばにいたあの頃は君とよりそって 未来の僕達へ 贈
白い光の中に 山なみは萌えて遙かな空の果てまでも 君は飛び立つ限り無く青い空に 心ふるわせ自由を駆ける鳥よ ふり返ることもせず勇気を翼にこめて 希望の風にのりこのひろい大空に 夢をたくして 懐かしい友の声 ふとよみがえる意味もないいさかいに 泣いたあのとき心かよったうれしさに 抱き合った日よみんなすぎたけれど 思いで強く抱いて勇気を翼にこめて 希望の風にのりこのひろい大空に 夢をたくして いま、別れの
悲しいニュースを聴くたびに どうしてなのかと考える何かが出来るわけじゃない だけど心は動いてる 空に星がきれいだね 風に花が揺れているね 世界がひとつの家族のように もしもなれたらどうだろう遠くに暮らす君のこと もっと知りたくなるだろう あたりまえに過ぎる景色が 幸せなんだと気付く時昨日より今日少しだけ 優しくなれる気がするよ 響き合える果てしなく 目に映るすべてのいのち 世界がひとつの家族のように もしも
雨上がりの虹を 追いかけて自転車を 漕(こ)いだなないろ きらめく 風にのるさっきまで 泣いていた君 頬(ほほ)もかわいて 笑いあえば キラキラとこころに ひかりが あふれるから 明日を 照らすよ 明日を 照らすよ照らしてゆくよぼくたち わたしたち 一人 一人が希望のひかり 大きくなる太陽 追いかけて自転車を 漕いだ夕やけ 街じゅう 染まる頃帰り道 いついつまでも 声をあわせて 歌いあえば キラキラとここ
花咲く道で ぼくらは歌った小鳥のように 胸はずませてあの春の日 ルルルルンルンぼくらは 花の仲間だった しぶきにぬれて ぼくらは走った小馬のように ただうれしくてあの夏の日 ルルルルンルンぼくらは 波の仲間だった 風吹く丘で ぼくらはおどったススキのように 風にゆれてたあの秋の日 ルルルルンルンぼくらは 風の仲間だった 雪にまみれて ぼくらはあそんだうさぎのように とびはねながらあの冬の日 ルルルルンル
いつか君が僕を守ってくれたこと僕はずっと ずっと忘れないよ 心細くて伸ばした手がどこにも触れない時世界はとても怖いものだと思うでもどこかに触れた時は ほっとするそのだれかが触れるものに 僕がなれたらいいな 地球の上に 宇宙の中に生きているもの ただあるものそのすべてがなくてはならないものどんなにささやかでもなくてはならないもの 生きる理由がわからないというならその理由を僕があげよう君がいなくなると僕は困
雲白く たなびくところ空のはて 東に西におお高く こだまひびけと鐘は鳴る 平和の鐘にいまわれら 雄々しく起ちてその栄え ここに興さん 波青く たゆとおところ海のはて 南に北におお遠く 祈りとどけと鐘は鳴る 平和の鐘にいまわれら 試練を越えてその行手 ここに仰がん 風清く かがやくところ国のはて 世界の友におお熱く 想いかよえと鐘は鳴る 平和の鐘にいまわれら 手をさし伸べてその睦み ここに歌わん
ふるさと SL マンモスの牙とんぼ はすの実 だんだん畑まわる水車は ざん ざん ざんふるさと SL マンモスの牙たきび 竹馬 しいの木林光る太陽 サン サン サンだれも知らない ララ 小さな村をさがして歩こうトランペット吹きながら 大空 SF ペガサスの羽夕焼け 火の鳥 土星のわっか飛ぶよすい星 すい すい すい大空 SF ペガサスの羽虹のロマンス きらきら銀河星のロケット スター スター スター
林間学校の キャンプ・ファイヤー消えて久しぶりに 夜空を見たほんとの森の ほんとの夜を吸ってくっきりと浮かぶ 銀河を見た言葉じゃなく ため息でもなく胸からあふれる 不思議な感動なんて小さなぼく 小さな今なんて小さな人間 小さな地球なんて小さな なんて小さな小さな………ああ 心はふみしめた 大地を静かにはなれぼくはいつか 宇宙へ飛ぶ時間を失くし 自分が誰かを忘れはてしなく深い 銀河にいるずっと昔 生ま
心の窓を ひらいてごらん青空と太陽が 君を呼んでいるさあでかけよう ぼくらは若者なにもこわくないさあでかけよう 青春と云う名のこの旅路へ悲しい時も うれしい時も旅を続けて行く限り ぼくらは友達さあ出かけよう ぼくらは若者なにもこわくないさあ出かけよう 青春と云う名のこの旅路へ苦しい時も たのしい時も旅を続けて行く限り ぼくらは友達ラララララ………
肩にくいこむ ザックに耐えて君のあしあと たどっていったあの日の あの山 忘れるもんか登山シューズが そっとよけたあの日の あの花 忘れはしない のどにしみこむ 潮(うしお)にもまれ君の帽子も 沈んで浮いたあの日の あの海 忘れるもんか涙でにじんで ぼやけて見えたあの日の あの雲 忘れはしない 夕日まぶしい 音楽室で君の歌ごえ よく響いてたあの日の あの歌 忘れるもんかみんなの心が 一つになったあの日
誰も知らない 冬の谷間にむらさきの 羽根をとじて風にたえてる 蝶の群れ 春がめぐって 来ようともむらさきの 色はあせて夏を越せない 蝶の群れ いくたびか 変身の蝶よ永遠に 飛び続けたいなら蝶の姿を 捨てて心だけに 変わりなさいいくたびか 変身の蝶よ永遠に 舞い続けたいなら過去のまぼろし 捨てて風のように 変わりなさい 滅びるさだめの 蝶よそんなにも 悲しむことはないたった一度も 飛べずに土へかえる 命も
きのう テレビの ニュースでどこかの国の 難民キャンプを 見た救援物資に 並ぶ 子供たちがカメラを まっすぐ 見つめていた 「今 何がしたい」 と聞かれて最初は みんな 黙っていたけど一人の子が 何か言うとそれぞれ 希望を 話し始めた そして あの子が 言った 学校へ行きたい 学校へ行きたい学校へ 学校へ行きたいわたしの 心に さざ波が立った 周りには 幼い 兄弟たちお母さんは? ひどい けがしてるお父さ