あの頃 想うたび涙が 出るんだよきみとぼく 20才のころ 帰らない昔 毎日絵を描いたモデルは君ひとり肩や腰 胸の線を 描いては消して たまには口づけなど交わしてふざけあいそのまま愛しあって 日暮れになったね ショパンを聴きながら夜には詩をよんだベルレーヌやボードレールおぼえているかい ときには いじわるした あなたの指先そのまま もえながら 夜空に消えた 夜明けを 待ちながら散らした 花びらに白い朝 うつっ