八月の光 消えた波間に目を伏せて 言葉を探す二人 私にはたぶん これが最後よこんなにも 誰かを想うなんて 引き潮にさらわれる八月は まばゆいフィエスタ短過ぎる 若さに似ているわ 夏服を揺らす 風の指先忍び寄る ためらいが悲しいね 強くなれなくて ひとは願うの終わるなら 跡形もなく消えて 切なさに振り向けばつかのまの すべてはフィエスタ探さないわ 引き潮にさよなら 切なさに振り向けばつかのまの すべてはフィエス