見慣れてたキャンパスライフ 突然差し込んだ光にも影にも見えたのは君の笑顔 狭い空とビルの隙間 特別なことなんて何も起こらないと思っていた 鳴り響いたチャイムの音色 何かが終わって始まっていくわからないよ 自分でもなぜだか気になるその瞳を見てから なんとなく集まっては笑顔を交わしても響かない 今まではずっとそう思っていた 高い空と木々の中で 言葉をこえて伝わってくる優しさや強さがある ノックされた胸の扉と 応