新潟ブルース – 古都清乃・三島一郎

青い柳も 赤い灯も
苦労したのを 知っている
死ぬほど好きに なったのも
恋の古町 五番町
きっと一生 わすれない
ああ 新潟 新潟ブルース

どうせ流れの 花だから
あすの運命(さだめ)も 信濃川
万代橋から みた花火
夜の化粧は していても
すすり泣くより やるせない
ああ 新潟 新潟ブルース

駅も港も おわかれの
みれん涙の 置きどころ
すがるは夢と 情だけ
こんなわたしの なぐさめは
酒とあなたと この唄よ
ああ 新潟 新潟ブルース