汽笛が船出を 急がせる未練がこの船 下りたがるいのちを三日に 縮めてもあなたを一人と 決めたのに雪まで舞い込む えりさきがつらつら泣いてる お別れ海峡 命を越えてる 愛しさが身を切る思いの この潮路わたしにだけよと 稲妻に打たれてすがった 無我夢中あの夜がなくても あなたです幸せ遠のく お別れ海峡 一生あなたで 通しますもいちど逢いたい