そんなに悲しくなんてないのさ – 古市コータロー

そんなに悲しくなんてないのさ
そんなに寂しくなんてないのさ
今君が離れても‥ 今君がいなくても‥

変わりゆくこころは 時のせい
サヨナラの言葉は 誰のせい

そんなに悲しくなんてないのさ
そんなに寂しくなんてないのさ
今こころ離れても‥今ここにいなくても‥

君と歩く街が 好きだった
いつも遠回りして 歩いてた

季節は流れて変わりゆくのさ
全ては流れて消えてゆくのさ
いつまでも輝くまま‥ いつまでも輝くまま‥

コメントを残す