今夜一歩、半歩数センチ、数ミリでも縮めたい進みたい秘密をひとつ、ふたつ分かち合えたら、ねえ特別になれるかな?胸にしまうことだらけでもう苦しいよ簡単な人にでも行ったらいいの?傷つきたくないなんて、きっとみんなそうだから見せて欲しいの、君の AtoXYZ いつか抱き合ったら (二人抱き合ったら) 君は何て言うの、その後?たとえばそんなこと、そう考えてるすべてが同じように重なってくれる日まであとどれくらい? 教え
何か最近いつも思うフィクションのようでいまいちリアリティが無い今一番伝えたい言葉さえも飲み込んで思い切って飛び込めない取り留めない会話もシャンパンの泡のように消えてなくなるの?でも確かにそこには二人の残り香が… こういうの何て言うんだろう 今まで味わったことのない感情逢えばいつも少しずつ 傷つく気がして、だけど逢いたいの冗談に聞こえるでしょう そういう言い方しか出来ないのよでもいつか不意に思い出して