夜明けの来ない夜は無いさあなたがポツリ言う燈台の立つ岬で暗い海を見ていた 悩んだ日もある哀しみにくじけそうな時もあなたがそこにいたから生きて来られた 朝陽が水平線から光の矢を放ち二人を包んでゆくの瑠璃色の地球 泣き顔が微笑みに変わる瞬間の涙を世界中の人たちにそっとわけてあげたい 争って傷つけあったり人は弱いものねだけど愛する力もきっとあるはず ガラスの海の向こうには広がりゆく銀河地球という名の船の誰もが旅人