大切なモノは いつも近すぎて 届かなくてすれ違う切なさ この胸をキック 締めつけてた 雨上がり 光の粒集めては 君を思う行く先は 誰も知らずにただ 明日の風を描くよ 今 闇を越えて 未来へ君を連れて行きたい凍えそうな気持ち 暖めてその先へと進もう 移りゆく時代が僕らを戸惑い迷わせても巡り会えた奇跡 抱きしめて歩こう 一緒に… 悲しみは喜びへと続いてる坂道だねどこまでも