あなたの心に もうひとりの誰かが棲んで しまったことは知りたくないわ今でもあなたを 好きなことに変わりないけど せつなくなるの外は雨… 雨…聴かせて 甘いセレナーデそれは罪… 罪…揺れる 恋心港の灯りが にじんでゆく夜更け やさしくされても 倖せでも待ちくたびれた 女の気持わかってほしい想い出 数えて 涙まじり仕方ないわと 淋しく笑う外は雨… 雨…聴かせて 甘いセレナーデみんな夢… 夢…恋は終るもの
男ひとり はぐれ雲野末を渡る 風に吹かれるおまえの面影 心に抱けば肩にとまる 赤とんぼ 男ひとり ちぎれ雲心の隙間 おまえを偲ぶ惚れていたのさ 忘れはしない夢は儚く 陽は落ちる 男ひとり 流れ雲渡れぬ川の 岸辺にたてば汽車の汽笛が 明日へ向かう心揺らすは 枯れすすき