風の便りも 断えだえの江戸は夜寒の 伝馬町偲ぶふるさと 椿の蔭に佇む細い うしろ影吉田松陰母に一筆 湿す夜 永遠の別れを 涙松今もにじむか 萩の町生きて帰らぬ 覚悟の胸にやさしく浮ぶ 母の顔吉田松陰閉じた瞼が ぬれる夜親思う心にまさる親心今日のおとずれ 何と聞くらむ たとえこの身は朽ちるとも大和魂が 生きる町海よ台場よ 指月の城よ眺めた遠き