気まぐれな 風に吹かれて 今宵もお前と もらい酒千鳥足 ほろほろ酔って そんな貴方と みなと旅 こぼす愚痴ならば 飲み干せばいいのさ相席で貴方の 声が響くわ「飲むばい 酔うばい 歌うばい」 どんな笑顔に会えますかどんな未来に酔えますかもらい酒ですみなと旅 移りゆく 季節の中で ずっとお前と もらい酒波の数 ぽろぽろ泪 うなづく私は みなと旅 一夜干しのような お前が愛おしい頬が染まります 口説き上手ね「飲