恋の儚さを知るほどに夜風は心を冷やすから互いを暖めあうように小さく寄りそって どんなに愛をささやいても目を閉じたら届かぬ夜の旅どこかで朝を見失って はぐれてしまいそうで お願いもう一度オヤスミのくちづけをかさなる想いを確かめて二人夢の中へ 時間の流れは眠らずにまだ見ぬ明日へと向かうから不安の影を隠すように優しく微笑んで どんなに未来を誓っても目を閉じたら遥かな夜の旅どこかで交わした約束を落としてしまいそう