いつ頃からだったか気付かないくらい 胸の中自分じゃない絵の具に埋め尽くされて 僕の頬に触れた指春のそよ風の匂いがした いたずらな笑みで手を引いて見たことない世界へ飛んでいく僕の毎日を 君だけが照らしてくれたんだ沢山の色を 君だけが僕にくれた バラバラになりそうな現実(ほんとう)の世界で目を閉じる下書きのように上手くいかないんだな 夢の時はいつのまに過ぎて モノクロの冬が来る いたずらな笑みで手を引いて見たこ
浮かんでまた消える今日までの日々、記憶波に揺られて泡のよう二度とは戻らない時間(とき)よ 小鳥が水色の羽を休めている小さな鼓動が静かに眠りへ導いてくの 柔らかな光に包まれ終わりのチャイムが聞こえた ゆっくりとまぶたを降ろしておやすみ明日はどこかへ
あのこはいつでも濡れた瞳で人を惑わせる青いヴィーナス ゆううつと理想かかげ気まぐれは日常飾りだけの笑顔は誰にだって見せない 叶わない恋と知ってもなぐさめはいらない他人の愛求めても意味など無いから あのこはいつでも割れたハートに悲しみをまとう青いヴィーナス あきらめと倦怠の果実をもぎとって甘い迷いくらめく二度とは戻らない こわれた夢集めてきれいにならべる誰かのために生きても満たされないのかな?嘘で弱さを隠して
待ってて待ってて、ねぇ 待ってて待ってて 伸ばしかけの髪が肩につくまで待ってて待ってて、ねぇ あなたの哲学がわかる時まで待ってて待っててmon cheri (私の恋人) 永遠だよねって笑いながら経験足りないの見透かされてるみたい 慣れたふりで(バレてるかな)夜を過ごしたこんな気持ち(不思議だよね)今日が初めて 大人の恋、魔法みたいにかなわないかな?あなたずっと年上の男(ひと)追い越せない距離忘れようわたしのため 待
大気圏を越え感じてるの宇宙のamourあなたに今 フッと目が合っただけ分かってるのにねグッとキちゃってるのナゼなんだろ教えてパっと開いた瞳の中からときめき星空飛び出ちゃう きっとこの先もあるかもな期待でずっと待ちぼうけ地球ではしちゃってたあっと言う間の若気の至りにハッと気づいたのは運命的 何光年でも飛んでくよ宇宙のamourあなたへ今 ドゥディダ ディダ恋はintuition (直感)ドゥディダ ディダ不思
気まぐれ恋よ Je t’aime.強気な態度キメてでも心の奥かわいさ見抜いて好きなのあなただけ ah大胆不敵の微笑み心の迷いを魅力にして ありがちな恋出会いとか映画のヒロインみんなの常識こわしてみたいのよ まともじゃつまらない自分のやり方 ahステキなことしたいわC’est si bonC’est si bon.C’est si bon.わたしはLes filles まるでゲー
鏡の中ほほえむ姿遠くに消えた夢の名残り静かに幕が開いて舞台に立つ私まるでお人形 Ne dis rien(何も言わないで)Je me sens(感じるの)le pire sentiment(最悪の気分)Ne dis rien(何も言わないで)Je sais(わかってる)C’est la vie(それが人生) 甘いお菓子いらない火の輪くぐるような強さ欲しいのきらめくドレス裂いて淡い恋も全て今宵捨てるわ ずっと気づいて
はじける声が 耳に刺さったそーっと視線逸らし受信帯域をすぐに切り替える 冷めた表情で過ごして煩わしさ 回避せよ日々の隙間の貴重なひととき侵さないで 社交を辞退帰路に着くから 素顔になれる場所 小競り合い見て 火の粉かぶったぼーっと睡魔ゆだね受信帯域をすぐに切り替える 冷めた表情で過ごして煩わしさ 回避せよ垂直落下で積もっていくタスク振り切る針 溢れるデータ溺れる前に 非常口を探せ 心のアンテナは異常な程の
Don’t ask me why,Don’t ask me whyoh no don’t ask me whyDon’t ask me
虹の星を渡る急行列車(エクスプレス)奇跡のチキンレースクラウン氏の鼻回すとファンファーレの音! 君の語るジュブナイル切符を挟んだ mm-カギはクレープガレット?星屑のコイン!? tu-ka-tu tu-ka-tu-(テューカテュー テューカテュー)汽笛に乗せtu-ka-tu tu-ka-tu-(テューカテュー テューカテュー)チーズを食べよ 走り抜け!魅惑のサーカスへ…私を乗せて風切る音と 弾む急行列車(エ
私の願いは普通の女の悦びを感じて無邪気に笑いながら過ごすこと あなたは自分のルール貫いてる 答えOui Non,Oui Non,Oui Non,Oui Non誰にも理解されない 私の願いは実存主義など言葉に縛られずに身体ごとあなただけ愛したい あなたは無垢な目をして壊してゆく 答えOui Non,Oui Non,Oui Non,Oui Non心は乱れてるのよ 甘い時間は束の間で悩みに溺れてく移り気なあなたは嵐起こす雲 しまい込
外は雨 しとしと 悲しい時はぽろぽろ泣いてもね いいけど ウキウキを探そうよ時計の針はチクタク 靴の音 コツコツ飲み物はシュワシュワ 夢の中はふわふわ 世界は変わるよ 魔法の言葉でワクワクが止まらないから ドキドキする恋をしよう シャカシャカ皆で踊ろうニコニコ笑いあえれば 地球は回るクルクルぱくぱく食べてぐーぐー 寝たら朝だよサンサンぱっちりと目を覚ませば 今日も世界はキラキラキラ 花が揺れる さわさわ
どうしてここに来たの?どうして泣いてるの?叶わない事は いくつあるの?胸に問い掛けては掻き消す 小さな窓開ければ東京の物憂げなむらさきの夜空他人のようでそらすたび どこかうしろめたくて 一番遠い星に願いをかけるようにあの頃はただ果てぬほど 私は私の強さを信じてた二十歳前の、カノープス 幼い頃にママに 聞いた冬の神話南の夜空に 瞬く星舟達を導いた カノープス どんな些細な事も 恋をなくした日もパジャマに毛布
視線そらす きみはすてき目と目あえば もっと どきどき慣れたふりで どんなことも教えてくれると 言ってたのに うれしくて かなしい苦くて あまい晴れの日の 雨ふり会いたいのに 会いたくない ずっと きみのことばかりいつも ぐうぜん それが 恋なの?ふれていたいよ
you’re my shining star見つけたらyou’re my shining starわけてあげたい小さな光 都会に向かう飛行機の 窓辺の席頬杖ついて夜の闇 じっと見ていたもしも今夜、星がきらめいていたなら明日いいことがおこるような気がして北斗七星 オリオン座に 天の川手のひらの夜空で踊っているメッセージ見つけられるのを待っている it’s my shining star見
突然の夕立に駆け出してぶつかり合ってはわけもなく笑う いつだって私たち過去と未来にもつれてはせわしなくて 不安ならうつろうものだわだけど今日もまた誰かがくしゃみしてる bless you!さあ瞳開いてこわがらないでbless you!そう瞳閉じたらそばにいるからHey, girls!ささやかないまがつづきますようにbless you!それぞれの瞳で今日を瞬いてく 唐突に降り止んだ大通りに陽が差してく濡れたシャツの
雨降り冷たく光る針鋏はとろけるような切れ味女同士で 君はトルソー仮縫いは楽しカラフルな待ち針胸おどり 腕が鳴る ひとときミシンは歌う トゥラララー深く吸って一息で縫い上げようああ、神さま一針一針が私の祈りです 晴れの日風に吹かれる午後海沿い 追い越し車線のステッチボタンホールから覗く空にカモメの刺繍なにもかもあざやか胸おどり腕が鳴るひとときミシンは歌う トゥラララー嫌な人 悪い夢 恥ずかしいこと忘れ
手に取った貝殻 太陽にかざしながら何を見てたの?追いかけて握ったその手にはもうなんにも残してなかったね AH 青い絵の具 溶かしたような海にはねる 煌めき 楽園にてわたしのココロにあなたがいたこと そう信じれたことはただ 嬉しいことなの 歩き出せるまで 忘れたくはない うん。 深紅の花びら 舞い上がる風の温度ヤシの甘い香り カメラじゃとても写しきれない思い出なら たくさん ああ 楽園にてあなたのココロにわたし
これから どんな 物語が僕らを まっているんだろう 膨らんだり しぼんだり 繰り返しては夢のしるし みつけようと 手を伸ばすよ 今夜 光の街へ ゆこう未来も 過去さえも そこには あるよ くらい やみ それは 魅力的だけどここに いたら このままでも いられない壁の向こう 世界は ずっと 続いてるんだ春の嵐 ここへは きっと戻らない 今夜 光の街へ ゆこう世界の果てさえも きっと はじまりさ 時間だけが す
こげ茶色 KISSでいっぱいのPretty Days少し陽気に 世界は くるいだしたあなたとわたし あふれるほどのCHOCOLATEで今夜 眠れないくらい 甘い夢をみていたい 恋は どこまでも 甘く2人は CHOCOLATE気分に堕ちてく ああ~ こげ茶色 くちびるもとけちゃうPretty Days太陽も少し Slowに 廻りだしたあなたとわたし あふれるほどのCHOCOLATEは天使にもアクマにも 誰にも
お気に入りのヘッドホン2人繋ぐヘッドホン手を伸ばしてmusic君との距離 近づけるの~♪ 朝目が覚めたらまずはヘッドホンをしてお気に入りの曲無限リピート キャンディを食べてさぁお出かけをしましょうネイルもバッチリ気づいてほしい キラキラキラ 夢見てるみたい 君ひとりじめ あのカフェ前 待ち合わせして 今ドキドキひみつタイム ねぇ 君の好きな曲を聴くよ 今真夜中のヘッドホン アイスにクレープケーキもほおばりたい
ドラマチック いつだって助けてくれなきゃno no 男の子ならなんだってわかってくれなくちゃdarling やってらんないね クレヨンすり減らして描いたストーリー当然叶うと思ってる女の子はたかをくくってるyeah きっと100 クール目にはcool & trendy な彼とJune bride wow… 月曜9時のおままごとハッピーエンドの保障付き大恋愛君の都合なんておきざりドラマチックな憧れをなぞってる 顔
午後の天気はなんでしょね晴れ間のぞいて 浮かれてる飛び込めば?ほらさらさらの水を浴びるの いい気持ち きらきら水面 呼ばれて 誘って彼女は言う「忘れて飛びこもう」 あれはまぼろしの夜佇んだままきっと 朝をむかえるそしていつか忘れるニンゲンの記憶はテキトウなものなの 日々に追われて 追えないのやさしい気持ち 取り戻す 言葉になるまで迷って 迷ってしびれたら そのとき 今すぐ 青い 透きとおる場所二人のイメージ
かじかんだ指先に そっと息を吐いてすこし先を歩くあなたを見てた 銀杏並木がとても綺麗であの頃がよみがえる 無邪気に笑うふたり 「何気ないことが ずっとしあわせで…」 いつからか色褪せて セピアに変わった 秋がふたりを大人にしたのつめたい横顔が他人みたいで言葉をそっとしまったもう戻れない季節 もう戻らない恋 楽しかった日々が 輝いて見えるのは過去になってしまったの 物憂げに香る金木犀 すこし高い体温 包まれてい
ダブルラジカセから 古いカセット ラベルには褪せた蒼の カリグラフィー 暗号めいた ママの恋文 南半球には あるはずのない Polaris が地平線を超える宵 壊れ始めた オーソドキシー 華胥の夢なら それも第六感 鍵穴のない ダブルバインド時の気まぐれに ただ取り残された 夢見たちの影 南十字星と 重なるように Polaris が地平線を跨ぐ夜 回り始めた ヘテロドキシー 低回趣味な 遺言に紛れた 隙間だら
Can you tell me where we go from here?Oh the sun, oh the moonAll
ありふれた東京の曲がずっと私の事を急かしていたんだ ドラマの中でお決まりの家族との別れはなぜだか辛くはなかったな実感はどこにあるのかな 初めてきた渋谷の光景はなんとなくずっと前から知ってたような感じがしたんだ 憧れていたこの街には理想の自分が待っているそんな気がしてた馬鹿みたいだな変えなきゃいけないものはきっと暮らしていく場所じゃなくて自分自身だなともう分かったもう分かった 鮮やかに光ってる街の灯りはなん
窓の隙間からのぞく太陽君の言葉を思い出す淹れたてのコーヒーかきまぜても頭から離れない Good Morning Sunshine始まりはこれから諦めたくないI wanna love you甘い Surprise受け止められるよ気まぐれで自分勝手な boy青空で口づけを 付けたことない赤いリップ初めて色づく震えている まつげの先君のため流れ星こぼれる Good Morning Star Shineいつものふりして友達なんかじ
手と手が触れた瞬間気付いてしまった海の向こうへ捨てたはずのカギがその手の中にある閉じ込めてたココロを開いて Maybe my dreamだけど夢じゃない 待っていたのLet us beginもう戻れないよ知ってしまったから Yes!怖がらないで 新しい世界へ
辛い時いつも君はひとりの世界行ってしまうけれど見渡せれば見渡してみてよ君のまわりに敵はいないよいいかい?顔をあげて楽しむべきだ 優しい風に乗って芽吹いてく愛しさを君はいつだって頑張っているんだから 時々君は無理もしちゃうけれどねそのひたむきさがとてもとても僕は好きなようで君の思うがままにこの際構わずやったらいいひるむことなく あたらしい風になって気付いてく眩しさを君をいつだって見守っているからね 優しい風