I wish you happiness – 南條愛乃

あの日偶然に出会った時はまだ
知らなかったね
君じゃなきゃダメと 思い合えるような
二人になると

ケンカしたり、抱きあったり
たくさんの季節を過ごした
お互いの気持ち わかりあって
強い絆育った

私が歩いてたこの道が
君へと繋がっていて良かった
二人笑いあえる時間
これからももっと増やそうね
君が隣にいてくれること
毎日が奇跡だと思ってる
寄り添う幸せ感じてる
聴いて
祝福の鐘が響く

これまで歩いた 私だけの道を
振り返ってみる
家族や友達、たくさんの思い出
みんな宝物

だからこそね 知ってほしいよ
なによりも大切な君に
打ち明けた想い うんと優しく
受け取ってくれたよね

君と同じ時代に生まれて
一緒に過ごせることが嬉しい
たとえ困難があっても
寄り添う心感じていて
私のそばにいてくれること
何度もありがとうがあふれるの
こんな気持ち初めてだよ
ラララ
幸せの歌が響く

健やかなるときも 病めるときがきても
二人で過ごしたい
どんなことがあっても
せめて私だけは味方でいることを誓う

私が歩いてたこの道が
君へと繋がっていて良かった
二人笑いあえる時間
これからももっとよろしくね
君が隣にいてくれること
毎日が奇跡だと思ってる
寄り添う幸せ感じてる
聴いて
祝福の声が響く