ありったけの愛しさで – 南條愛乃

少し先を歩く君の
コートのポケットの中 手をつないだ
彩りを増す街を急いで
君と私だけの季節が始まる

去年は部屋でまったりしてたね
流行りの旋律を 口ずさめば

白く染まる言葉たち
そばにある横顔が嬉しくて
ありったけの愛しさで
会いたいと願う未来 照らしたいと
想った…

些細なケンカ そのたびに
「怒ると敬語だね」って笑う君
水玉の空 光の粒が
そんな想い出たちも届けてくれたの

少しの刺激と 変わらぬ愛
欲張りな気持ちは 君とだから

かじかむ手で確かめた
温もりを 二度と離さぬように
伝わるのは 優しさで
ふいに あぁ まぶた熱くなってしまう
White Love story

冬の星座 読み解くように
その続きが 知りたくて

降り積もるよ 想いたち
その笑顔 一人占めしたいから
ありったけの愛しさで
会いたいと願う未来 照らしてゆこう

約束は要らない
だからそばで 見つめてね

コメントを残す