胸にほくろの あるひとは好きな男に だまされるダイヤの指輪を していてもあの娘はかなしい 恋に泣くあの娘はかなしい 恋に泣く 名前ばかりを 取りかえるあの娘お金に 縁がない左にえくぼの かわいい娘小さなお店の ママになる小さなお店の ママになる 酔ったふりして からみつくあの娘 ほんとに 男好きフランス香水 匂わせるあの娘は秘密が 多すぎるあの娘は秘密が 多すぎる 青いシルクの 靴下をはいている娘は 口
こんなに別れが 苦しいものなら二度と恋など したくはないわ忘れられない あのひとだけど別れにゃならない 女の意地なの 二度と逢うまい 別れた人に逢えば未練の 涙をさそう夜風つめたく まぶたにしみて女心ははかなく 哀しい 想い出すまい 別れた人を女心は 頼りないのよ涙こらえて 夜空を仰げばまたたく星が にじんでこぼれた