置手紙に気付いたら君は多分 溜息と数分だけ想い出をたぐる後は変わらず 生活(くらし)に戻る 僕は浅い眠りから窓の外へ目を移す巻き忘れた 腕時計はずし海をへだてた日付にあわせる 朝焼け 海流 スローな貿易風僕を明日へと運ぶものは揃った君の心を二度とは 捜さない 恋の余韻 欲しくって顔も見ずに出てきたよ君は君で生きるし 僕は君に似ている誰かに出逢う 水鳥 スコール 遠浅サンゴ礁僕は昨日を洗い流し はばたく君の