この頃すっかり 弱くなったと軽いボヤキで 飲んでいる女房子供たち 守り守られ小さなしあわせに 酔っているふるさとの 風吹く中で好きな時に 好きなように生きてみれば これもありだと涙落とした 青春のポケットを抱いている 昔に流行った 歌を肴(さかな)に飲んで静かに ふり返る仲間も少しずつ 欠けてゆくけどまだまだ元気だと 笑いあう友よもう 帰って来いや時が移り 時が変えた街でみんな 待っているから涙落と
人は重いコート背負い 足早に過ぎる風は朽ちた木の葉連れてたそがれを吹き過ぎる 愛されるより 愛する方がいい傷つけるより 傷つく方がいいそれで良かったはずなのに今の私は 悲しみ背負い季節にふるえる 冬木立 街は今日も口を閉ざし 寒い夜に眠る愛はさようならも告げず街角に消えてった許すことさえ 今更むなしくて頬を流れた 涙のあともないそんなはるかな恋なのに今の私は 面影抱いて季節にふるえる 冬木立 愛されるよ
別れたおまえに逢えそうな鯉城通りの 日昏れ刻あなたが最後の恋なのと泣いてたおまえは 今何処に想い出拾う ひろしまでもう一度逢えたら… 初めてふたりが結ばれた宇品みなとに灯がともる両手で囲ったライターの焔に愛しい あの笑顔幸せだった あの頃に戻ってゆけたら… 噂も跡絶えた 流川(ながれかわ) 酒がこの俺 また責めるこの世の運命に裂かれても離しちゃいけない女だった面影ゆれる ひろしまでもう一度逢えたら…
お前のこころの小さな不幸俺にあずけてくれないか声を出したらこぼれて落ちる涙こらえてうなずきながら淋しがりやのお前が笑ってくれる…そんな笑顔がいいね 聞きたくないのさ昔のことは今のお前が 好きだから二人並んで 鏡にむかい記念写真になったらいいと淋しがりやのお前が笑ってくれる…そんな笑顔がいいね 二人の暮しが落着いたなら旅にお前を連れて行こうこんな幸せ初めてですと地図を広げてとまどいながら淋しがりやのお前が笑
流れて行くから 流川やけのやんぱち 薬研堀のれん掻き分けて もぐら横丁ちびりちびりの なめくじ横丁ここは広島の夜の盛り場 ルルル今夜も勝ち 明日も勝ちカープをさかなに 飲み明かそうよ酒は 広島の泣き笑いみんなで飲めば 広島天国 若くてピチピチ 新川場二皮どころか 三川町口八丁なら 手も八丁けんかおさめは 中の棚ここは広島の夜の盛り場 ルルル今夜も晴れ 明日も晴れ天気をさかなに 飲み明かそうよ酒は 広
この世で貴方に逢うために今日までしてきた遠まわり愛することのやるせなさ 切なさ辛さああ こころが 焦がれ泣く…ああ いのちが 焦がれ泣く…死ぬほど貴方が貴方が好きだから 傷つく恋でもかまわない罪なら裁きを受けていいときめく胸の狂おしさ 激しさ熱さああ こころを 搦めあう…ああ いのちを 搦めあう…貴方とひとつに ひとつになりたくて この世で貴方を 失くしたら明日はいらない 欲しくない逢えない夜の愛おしさ
グラスについた 口紅の迹そこから飲んでと 甘えた女酔えばあなたの 故郷の町へ行ってみたいと あいつはいつも 微笑ってたあれは俺が 二十歳過ぎひと目惚れした いい女 マニキュアつけた 指先で花びら占い していた女生まれかわって 逢えたらいいと指環はずして 小さな肩を 震わせたあれは俺が 三十歳でうしろ髪ひく
きみと別れた 淋しさに耐えられなくて 旅したよひょう ひょう ひょうと 越後の国の瓢湖の水に 舞いおりる 俺も一羽の 渡り鳥ひょう ひょう ひょうと 風にとぶまこもがくれに 灯がゆれる水原町は 水の上 ひょう ひょう
風の吹くまま 流れのままに苦労重ねの 二十と五年仲間がいたから 今がある今があるから 将来(あす)があるたったひとりじゃ 出来ないこともそうさ仲間が いればこそ長い月日も 心のままにそっと輝く 男の栄光(あかり) 夢を追うほど またその夢が何も言わずに どこかに消えた辛いときには 泣くがいい泣くも笑うも 人生だ悔しなみだは 明日への力友と交わした その酒が将来(あす)があるよと 教えてくれた夜のすき
広島(まち)を潤す 六筋(むすじ)の川の水源(もと)は聖湖(ひじりこ) 三段の滝酒を酌み交(あ)う 友がいる母の姿が 瞼に浮かぶあゝ ふるさとは いまも心に遠き 想い出 太田川 父と泳いだ 津浪の岸辺加計(かけ)の山々 せせらぎの里夢追いし日々 懐かしく出会い別れを 忘れずいまもあゝ ふるさとの 友は何処に希望(ゆめ)も拡がる 太田川 いつか故郷に 尽くせることを月に誓った あの日を偲ぶ幼馴染と 青春
遊び馴れてる 男だから縛っておけない こころまでよそ見をしてた その隙に私の胸から 逃げたひと追いかけて… 流川あのひと何処に かくれんぼグラスの氷を ゆらゆら揺らしひろしま ひとりの待ちぼうけ 振られ上手な 女なら苦しまないのよ こんなにもボトルの名前 みつめてはため息ばかりを ついている想い出の… 中の棚空似の人に 立ち止まる綺麗な夢だけ 私に見せてあのままサヨナラ する気なの ほろ酔いの… 薬研
雨の港からは 汽笛も聞えずただわびしさだけが流れてよどんでるちょうど一年前に来て 前に来て愛が芽生え始めていた 始めていたのにああ 夜明けと共に宇品の港から 旅立つのさ 雨は繁く重い 鎖も冷たいただ悲しさだけが波間にゆれているあれはほんの誤解なのか 誤解なのか愛は固くからんでいた からんでいたのにああ 満潮と共に宇品の港から 旅立つのさ 雨の港からは 街の灯も見えずただむなしさだけがまたたいては消える
雨上がり 雨上がり あの日と同じ夕映えが 夕映えが 心に沁みる想い出残した 大鳥居安芸の宮島 恋は遣る瀬無い誓った愛は 誓った愛は 何処へ消えたのか 黄昏に 黄昏に 枯葉が落ちて過ぎし日の 過ぎし日の 涙を誘ういにしえの神が 架けた橋天橋立 繋ぐ恋の夢面影今も 面影今も 胸に絡み付く 海鳴りは 海鳴りは 季節を砕き沖に舞う 沖に舞う 漁り火ほたる傘差し歩いた 五大堂雪の松島 今日も降り積もる迷いを海に
川は日暮れて 豊かに流れ恋する心は 真っ赤に燃える約束破る 人じゃない甘いお酒で 乾杯したいおぼえたばかりの ステップだけど今夜はあなたと 踊りたいロマンス広島 広島 恋の街 恋に別れが あるんだなんてわかって恋する 人などいないおまえと二人 夢のなか信じあうのに 涙は無用香水(コロン)の香りを 忘れはしないおまえを愛して 離さないロマンス広島 広島 恋の街 街のネオンも 夜霧に濡れて哀愁沁み入る 夜
たそがれが 過ぎた日々を連れて街に灯りを ともして華やぐ季節がいくつも めぐる中で一途(いちず)に焦(こ)がれる 愛がいとしい 恋しさが せつなさにせつなさが 哀しみに心はあてもなく さまよう迷(まよ)い子今は離れゆくだけの 愛の終章(エピローグ) しあわせは いつかいつの間にか背中合わせに 孤独の裏返し別れにおびえた あの瞬間(とき)から心の景色は 止まったままに 叶うなら もう一度めぐり逢い 愛せた
カープ カープ カープ広島 広島 カープ 空を泳げと 天もまた胸を開く今日のこの時を 確かに戦いはるかに高く はるかに高く栄光の旗を立てよカープ カープ カープ広島 広島 カープ 勝ちにいくのが 選ばれた者の運命一投一打が 勝負のすべて闘志をつくし 闘志をつくし今ここで花と咲けよカープ カープ カープ広島 広島 カープ 鍛えぬかれた 精鋭の技と力その意気愛して 見守るわれらのあしたへ続く あしたへ続くき