1/10の青空 – 半田清(島崎信長)

温もりがふいに人を
傷つけてしまうなら
幸せの種を呼び込む風になりたい

まだ見たことない風景を
瞳に浮かべた
いつもの帰り道 軽い足取り

この世界は意外とやさしい
孤独は一人じゃない

1/10の青空の片隅
ほら 白い 白い雲が流れてく
そして明日は一体何を描こう
つかめそうで つかめない
未来図を追いかけて

白か黒かグレーかって
決めようとするのは
モヤモヤと浮かぶ不安を打ち消したいから

けど必ずと言っていいほど
ウラオモテがあって
白紙のどこを切り取るかだったり

景色を無理に変えるよりも
まずは受け入れるよ

1/10があとちょっとで埋まらない
そんな日がたまにあってもいいんじゃない
ぽっかり開いた穴は案外上手に
ふさげそうで ふさげない
風通し いいかもよ

まどろみの向こうに

1/10の青空の片隅
ほら 白い 白い雲が流れてく
そして明日は一体何を描こう
つかめそうで つかめない
未来図を追いかけて

青空に一人きり
青空に