母へ – 半崎美子

誰よりも早く 朝一番に起き
誰よりも遅く 最後に眠る

あなたがソファーに座っているのを
私はたぶん見た記憶がない

もうそろそろ自分のために
生きてもいいんじゃない

あなたほど立派な人はいない
昼夜問わず働いて
それでもいつも笑っていた
自分のことで涙を見せない
そんなあなたを
何度も泣かせてごめんね

毎晩寝ているか確かめにきて
布団をなおして明かりを消した

本当は起きていたんだよ
あなたの優しさに包まれて

あなたほど強い人はいない
言葉でなく生き方で
全てを教えてくれた
自分ばかりでまわりが見えない
こんな私を
いつでも守ってくれたね

自分のことで涙を見せない
そんなあなたを
何度も泣かせてごめんね