拝辞 – 午前3時と退屈

苦しくて泣き疲れて
それでも死ぬ覚悟は無くって
どうしたって此の脳に
焼き付いた記憶は消えてくれない
叫びたいと隠りたいが
絡まって結局気に病んで
無に成れって云うけれど
成り方をどうか教えてくれ

僕は殴った
口惜しくて殴った
何か云って欲しくて

それでも僕はまた、生きていく
快楽と憎悪と狂乱の
狭間に立って笑っていくんだろう
それでも僕はまた、恋する
今迄の様に足が使えない
こんなんじゃ上手く歩けないよ

飛び降りた色を識った
昔ならそれで楽になった
どうしてだかそれはいつか
僕を更に傷付ける行為になった
溢れてくる欲が全部
自分の中で気持ち悪くて
口に出して了っては
もう戻れないと告げられる

君は敵だ
彼奴らも敵だ
気付けば周りは敵だらけだ

君が僕を刺せば快かったね
僕はそれで楽になれたろうし
君も十分に満足だったろう
君が僕を刺せば終わったね
腐った処から少しずつ
切り離れていく美しさよ

僕が死なないとでも思ったか
もう何回死んだか判らない
もう何回殺されたか判らない
僕が死なないとでも思ったか
死にながら生きて、生きて
生き存えて了った

そうして僕はまた生きていく
快楽と憎悪と狂乱の
狭間に立って笑っていくんだろう
此処まで来たら何処までも生きて
君の仕合わせを願って
生きてやるよ
新しい僕よ、生きろ