鴨池橋にて — 千葉山貴公

この橋を 渡るのは
何度目の 秋かしら
買い物の足を止め
川面に映る 月を見ていた
鶴見川に架かる橋
鴨池橋から仰ぐ夜空(そら)
あなたがほろり呟いた
「俳句のひとつも詠みたくなるね」

見上げれば 幸せの
ふたつ星 光ってる
おだやかな 横顔に
川面の月が きらめいている
鶴見川に架かる橋
鴨池橋から仰ぐ夜空(そら)
あなたがほろり呟いた
「遠回りしてもいいもんだよね」

鶴見川に架かる橋
鴨池橋から仰ぐ夜空(そら)
あなたがほろり呟いた
「俳句のひとつも詠みたくなるね」

「俳句のひとつも詠みたくなるね」