愛されるかも 愛されないかも しれないそんな男と 寝たあと嫌いなのかも 大好きなのかも しれないそんな男と 別れたホテルのフロント通り過ぎて 午前4時のタクシードライバー 冷たい視線まるで娼婦のようだわ あゝ私自由だから さまよえるから女一人生きて来たけれど東京ジプシー 私の人生今が一番倖せなのかも 知れないけれど東京ジプシー 私の人生今が一番不倖せなのかも あゝ知れないmu… この東京で 許してる