風に吹かれ 歩いて行こう気の向くまま ただふらりとまだ知らない 未知のsomething感じるたび 胸が熱かね 輝きをまとい 極め遂げたいひたすらに 己の信じた道を求め続けるだけ どこにいても変わりなく大切な仲間がいるから俺は俺のまま 自由でいられる人生とは不思議ばい帰る場所がある だからこそ今も昔も 振り向くことなく広い世界をさすらえるとよ そよぐ葉音に 精神(こころ)を澄ませて 何手先を 見通せても見