毎日に照らされて暑い毛布をひるがえす大きなあくびして魔法がかかる様な時間がほら始まるわ (ヒトトキトキメク とってもprecious moment!) Ah おはよう 手を振った君と毎朝歩く道はく息白いのに幸せが渦巻いて 暑くなっちゃうわ 君のことだけで 胸がいっぱいで弾けそうな私のボタンはいつでも君を目掛けてる なんでヒトトキトキメキ誰のせい?ちょっと暑いけど心地いいわあれれあっち?(こっち!)どっち?(