夕日が沈む 音楽室でピアノを奏でる あなたのやわらかい 横顔に惹きつけられて 目が離せなくて あなたの家の テレフォンナンバーくり返し 書いて おぼえて受話器を はずしてダイヤル回す それだけなんだ だけど そんなこと言い出せないからせめて この歌をあなたのためだけに歌うこの歌はあなただけに聴いてほしい
夕日が沈む 音楽室でピアノを奏でる あなたのやわらかい 横顔に惹きつけられて 目が離せなくて あなたの家の テレフォンナンバーくり返し 書いて おぼえて受話器を はずしてダイヤル回す それだけなんだ だけど そんな勇気も出せないからせめて この歌をあなたのためだけに歌う すごく ばかげたことなんだけどあなたを 一生 しあわせにするあなたが 大好きで困っちまう くらい大好きで だけど そんなこと言い出せない
年が明けたらワクワクお雑煮うちはもちろん白味噌仕立てなんて可愛いまあるいおもち初日の出みたい 手を合わせちゃう深呼吸してーおめでとう! 去年飾った鏡開くぞもちろんあんこでお汁粉ぜんざいあつあつふわふわ あったまる夜の海泳ぐ白いクジラねぺろっと平らげーおかわり! 抱きしめたい くるまれたい両手を拡げて受け止めたい飲み込みたい 飲み込まれたいあなたの中で目を閉じたい おもちもちもちももちおもちもちぺったんぺ
さがしものはいつも、そばに隠れてるのすれ違うグルーヴに針を落とすああ、まわる、まわる、レコードふくれてはじけたら焦げ目、音符になるよ ドライヤーでなおらない機嫌としゃべりすぎた昨日コンタクトを外してみた世界が、ぼやけて 一瞬だけど居場所を確認しちゃうよいつか離れていくのかな さがしものはいつも、そばに隠れてるの手さぐりのこころ、知ってるくせにああ、まわる、まわる、レコードふくれてはじけるのでもね不思議な
にぎわってる人波かけぬける気分呼び込んだみたいにあふれてくアーケード とびかってる「ごひいきに!」得意げな自分膨らんだ期待にはしゃぎたくなる ぴょんっと立ってたよずっと待ってたの?すれ違うその笑顔抱きしめたい、ぎゅっと! おいで!さあ、みんな!始まりはいつでも急に走りだすまるでどんなパーティーもかすむようなきらめく場所ね、ここは確かめてみて! 突然大売出し盛りあがる気分はじけてるみたいにわきあがるアーケー
毎日 毎日 毎日朝起きて 顔 あわせても特別な何かが あるわけじゃないけど見送る声を 背に受けて駆け出したく なる時がある 毎日 毎日 毎日食卓はさんで 顔 あわせても特別な何かが あるわけじゃないけど今日起きたこと 些細なことを伝えたく なる時がある いつも見慣れた商店街眺めて帰る 夕間暮れ並んだ窓のひとつひとつにひとつ ひとつの 家族の明かり ともる、ともれ、ともろう明日もよろしくおねがいします特別
キミとならドキドキは特別な魔法さありふれた言葉には思い出を重ねよう 全部はみ出さずに描いた塗り絵みたいだなあ空が透き通っている いつも一緒だし慣れたと思ってたけど「今はどうしてるだろう?」ひとりごちた。 すぐに飛びたい太陽の風が薫る翼で…ねえ?さあ、せーので羽ばたいて キミとならドキドキは特別な魔法さありふれた言葉には思い出を重ねよう キミだから時々は可愛げな魔法さいつからか二人には真っ白なキモチが 全部間違