ハア北海名物 [ハドシタドシタ]数々コラあれどヨ [ハソレカラドシタ]おらがナ おらが国サのコリャソレサナ盆踊りヨー踊りおどる子が なぜ足袋はかぬはけばよごれる 褄切らす月の夜でさえ 送られたのに見放されたか 暗の夜に五里六里も 山坂越えて逢いに来たもの 帰さりょか踊りおどりたし 踊り子見たさぬれて見たさに 来て見たさ
波は磯辺に 寄せては返す ヤンサノエ沖はしけだよ 船頭さん今宵一夜で 話がつきぬネ明日の出船を のばしゃんせ 泣いたとて どうせ行く人やらねばならぬせめて波風 おだやかに 泣くなといわれりゃ なおせきあげてネ泣かずにおらりょか 浜千鳥
一つ唄います 音頭とりたのむ音頭とりよで手が揃う「ヤヽ手が揃う」音頭とりよで手が揃う 踊りおどるなら しなよくおどれしなのよい子を嫁にとる「ヤヽ嫁にとる」しなのよい子を嫁にとる 私しゃ音頭とって 踊らせるから夜明け鳥の渡るまで「ヤヽ渡るまで」夜明け鳥の渡るまで 夜明け鳥の 渡ってもたのむ私しゃうかれて盆踊り「ヤヽ盆踊り」私しゃうかれて盆踊り 唄はよいもの 仕事は進む話しゃ悪いもの手が止る「ヤヽ手が止る」話しゃ悪いも
ヤーレンソーラン ソーラン ソーランソーラン ソーラン ハイハイ鰊来たかと かもめに問えば私しゃ立つ鳥波に聞け チョイヤサエーエンヤンサノドッコイショハードッコイショ ドッコイショ [囃子以下同じ] 沖で鴎の鳴く声聞けば船乗り稼業はやめられぬ今宵一夜はどんすの枕あすは出船の波枕波の瀬のせでどんと打つ波は可愛い船頭衆の度胸だめし男度胸なら五尺の身体どんと乗出せ浪の上