今までおおきに ありがとう女に生まれて よかったわ一つや二つの 年上やない時計の針が一回りここらが潮時よ あんたのためやないわたしが決めた わたしの別れ明日 この部屋出てゆくけれど笑ってさよなら 好きでした ボストンバッグ ぶちまけてあんたが初めて 手をあげたそんなに年上 気にするならばいつかなったる 同い年できない約束 あんたはえらそうに笑わせられて 泣かされるからごめん この部屋出てゆけないよ涙
仕事ができて やさしくて浮気のできない そんな人この世の向こうに 住んでいるあなたのほかに いやしないあゝ あの人の好きだった 昭和うた残残(ざんざん)ぶりの雨音に 昭和うたかくれて歌う WOW ひとりうた 私の背負った 荷物までしょわせる気持ちに なれなくて倖せすぎた 遅い春とうとう籍も 入れぬままあゝ あの人の好きなうた 聴きたいよ残残(ざんざん)ぶりの雨ん中 聴きたいよ帰ってきて‥と WOW ひと
あなたの心に もうひとりの誰かが棲んで しまったことは知りたくないわ今でもあなたを 好きなことに変わりないけど せつなくなるの 外は雨… 雨…聴かせて 甘いセレナーデそれは罪… 罪…揺れる 恋心港の灯りが にじんでゆく夜更け やさしくされても 倖せでも待ちくたびれた 女の気持わかってほしい想い出 数えて 涙まじり仕方ないわと
GINJI come back HomeGINJI come back HomeMu… ハーバーライトに ゆれている男の横顔 あんたに似ているジンを一気に 呑みほしてそれじゃ あばよと 行ったきりどうして いるのよ あたしの銀次 あんたが帰って
ため息も なみだも 呑みこんで何も云わず 流れてるあんた この川に似てるだから あたし 魅かれたんやね ふたり死ぬほど 愛しあった朝飛び込んで しもたら よかった別れが 来るのなら… 道頓堀 リバーサイドブルースあんた… 好きやから道頓堀 リバーサイドブルースきれいに 捨てられてあげる 華やかな ネオンが ゆらゆらと水に堕ちて 泣いているあんた 呑んだくれやけど夢は 今も 熱いままやね 思う通りに 生きて
御堂筋線でミナミへ向かえば ひとりさみしい女が 車窓(ガラス)に映る心斎橋でドアがひらくと 今日もあんたをさがして ふり返る かんにんしてや かんにんしてや死ぬほど 好きやのにかんにんしてや かんにんしてやためらった あたし 追いかけて 行きたかった…だけど この街 捨てられへん 銀杏並木は淀屋橋まで 染まりよりそい歩いた 想い出散らす 東京へ帰るついておいでと 云ったあんたの笑顔が 哀しかった かんにんし